ご存知ですか?いよいよ洗濯表示が変わります!

お世話様です。フジスター株式会社でございます。

今回のお話しは題名にも記載しております

「洗濯表示記号」が変更になるお話しでございます。

代表的な洗濯表示

 

数年前からすでに業界では「洗濯表示記号」変更について色々話題に

なっておりましたが、変更日がいよいよ今年の12月に迫ってきており

弊社を含む業界全体でも対応方法について日々協議をしております。

弊社自体の方針はまだ確定となっておりませんが、今日は

「そもそも具体的に何がどうなるのか?」という観点で少し長くなりますが記事を投稿させて頂きます。

 

平成28年12月から衣類等の繊維製品の選択表示を新しいJIS L 0001(以下「新JIS」という。)

にならったものに変更します。

新JISでは、記号の種類が22種類から41種類に増え、繊維製品の取扱いに関する、よりきめ細かい情報が

提供されるようになります。また、国内外で選択表示が統一されることにより、海外で購入した繊維製品の取扱いなどを

円滑に行えるようになると考えられます。

(※消費者庁H.Pから引用)

なぜ変更?そして変更のポイントは・・・

理由その1:国内外で表示を統一することによって、製品を買われるお客様の利便性が高まる

理由その2:洗濯で使用する洗濯機や洗剤類は多様化し、商業クリーニングの技術も進歩している中でそれに適合した

新しい記号で表示する必要が有る為です。

ポイントとしては・・・

・全てのマーク(記号)のデザインが変わり、種類が増えます。

・推奨(指示)する表示から上限表示に変わります。

 上限表示、つまり表示よりも強い作用や高い温度での洗濯、アイロン掛けは、衣類にダメージを与える可能性があります。

・記号だけで伝えられない情報がある場合は、簡単な言葉で記載されます(付記用語)。

・「家庭でのタンブル乾燥」と

タンブル乾燥  

「商業クリーニング(※例:ウェットクリーニング)」 

ウェットクリーニング

が増えました。

・文字ではなく記号と数字で <強さ> <温度> <禁止>を表します。

 

取扱い表示P2

※消費者庁HPより引用

 

施行日は・・・

平成28年12月1日(施行日より前、つまり11月31日までは今までの(現行JIS)洗濯表示を使い、施行日以降は新JIS表示を使う形となります)

 

今までの製品はどうなるか・・・?

施行日より前に今までの(現行JIS)表示をしている製品は施行日以降もそのままの表示で問題ありません。

 

 

 

洗濯表示基本画像

上記5つの表示マークが代表的なマークとなります。

そして下記図が新表示マークの詳細となります。

新表示一覧その1

新表示一覧その2

※消費者庁HPより引用

長文になってしまいましたが、再度おさらいしてみます。

新しい洗濯表示の覚え方のコツとしては

洗濯 

おけマークは洗濯

漂白

三角は漂白処理

乾燥2

四角は乾燥

アイロン

アイロンマークはアイロン掛け

商業2 

丸は商業クリーニング

 

を示しています。

一緒に覚えておくと良いのが付加記号と付記用語。

「ー」線は多い方が、「・」点は少ない方が

デリケートな取扱いが必要であると覚えると良さそうです。

いずれもそれらの取扱いが出来ない場合はこれまでと同様

「×」バツのマークで禁止を表しております。

付加記号

そして従来通り「付記用語」の内容にも注意して下さい。

付記用語

いかがでしょうか。

駄文長文で申し訳ありません(^_^;)

もっと細かい事を知りたい方は

消費者庁HP※参照URL http://www.caa.go.jp/hinpyo/guide/wash.html

を参照下さいませ。弊社の方針決定等、再度お知らせが確定しましたら

随時お伝えしていきたいと思っております。

中国出張に行って参りました~洋服はどうやって出来ているのか???~編

いつもお世話になっております。フジスター株式会社です。

いよいよ、春らしい気温となり桜も満開。

心躍る季節がやってきました☆

さて今回の記事は先日中国出張行った際に

生地市場の様子、提携工場から許可を頂いた

工場等の内部写真を部分的にですが撮らせて頂きましたので簡単な

解説と共にブログに上げてみたいと思います。

洋服がどうやって出来ているかが少しでも

イメージして頂けると幸いです。

 

◆寧波:染物工場

まずは染物工場での写真です。

「染める」 

衣服に色を付ける事を「染める」と

いいますが、そもそも「染める」って何だろう?

と思ったので少し調べてみました。

基本的に・・・

糸→布→生地→服という順序で衣服は出来ています。

そして「染め」は大きくは「先染めと後染め」の二つに分かれます

※細かくはもっとありますが・・・

生地になってから染める「後染め(あとぞめ)」

色が乗る前の「生機(きばた)」を作っておき、
必要な色を必要な量だけ染色します。
「生機」の段階で、どのような色の出方をするが決まります。
チェック柄が出るようにするには、チェック柄が出るように設計します。
染色反応の違い(綿は染まるけどポリエステルは染まらない、など)を利用して、
柄を出すことが出来るそうです。

IMG_6639

試験管で色合いを調合します

IMG_6642

上の写真は色合いのチェックシーンの一コマ。

現在は色合いのチェックをデジタル化してチェックしているそうです。

※チェックする機械は1台なんと20万元(!!1元20円位なので約400万円!)・・・車1台買えますね(^_^;)

最近までは光の下で、目視にてチェックしていたのが通常のやり方だそう・・・。

デジタル化の波ですね~。

IMG_6643      

生機(キバタ)の状態です

IMG_6646

大きな釜で染色します

 

IMG_6651

出荷待ちの製品です(暗くて分かりにくいですよね。。。)(^_^;)

糸の段階で染める「先染め(さきぞめ)」

生機を織る前の糸の段階で染める事を言います。

 

IMG_6656

染まる前の糸です(大量!!)

 IMG_6658

染めに使う釜です。釜の中に適宜、白い糸を入れます

IMG_6659

釜の内部画像です

 IMG_6657

 先染め糸の完成です

先染めは主にチェック(格子)やストライプ(経縞)に多く用いられます。

自由に多色で作る事が可能でギンガムや有名なバーバリー・チェック等はこの方法で作られています。

 

◆紹興:紹興市場(生地市場)

IMG_6602 IMG_6603IMG_6604

紹興市場とは?

備考紹興市場はアジア地域において最大級の生地市場。

専門街ごとに大よそ19の市場に分かれており、

販売ブースは1万店以上。 一日に平均国内外から10万人のアパレル系バイヤーが訪れています。

※ブースは1店舗が色々なところでブース(多店舗)を開いている事が多いそうです。

バイヤーは欲しい生地サンプルを探し、お目当ての生地があれば陳列されているサンプルを

元に発注をかけていく仕組みです。

※私も生地サンプルを頂いてみました。カモ柄の中に花柄が・・・。綺麗ですね~(^.^)

IMG_6673

 

◆寧波:検品工場

IMG_6620

続いては検品工場内での1枚です。

こちらの工場では130名体制で6ライン、日に25,000枚チェックしているそうです。

大体7~8名でチームを組み各チェック項目をチェックし最終チェッカーが全体チェック。

その後は包装をして最後は

IMG_6675

検針器という機械に通し、異常が無いかチェックしていきます。

※上記機械は2ヘッドタイプ。センサーが2か所にありダブルチェックする形となっております。

工場内はとても静かで、皆さん黙々とチェックしていらっしゃいました。

 

◆寧波:縫製工場

IMG_6584

最後に縫製工場内の1枚。こちらでも皆さん黙々と業務をこなしています。

IMG_6666 

生地の山です

IMG_6667   

ジャガードボーダー用生地を一枚一枚手作業で切っています。

工員のお二人の息がピッタリ!

この後、洋服の型に沿って切り取っていきます。

IMG_6587

 

その後ミシンを使い

IMG_6624

パーツ毎にミシンを使って縫っていきます。

そして製品として形になっていきます。

 

いかがでしょうか。部分部分足りない説明もありますが

少しでも洋服が出来るイメージが膨らんだら幸いです。