サービス付き高齢者向け住宅へ行ってきました

いつもお世話になっております。フジスター株式会社です。

先日神奈川県にありますサービス付き高齢者向け住宅へお邪魔させて

頂きモニターリング兼展示即売会を開催させて頂きました。

s_5254829043924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

入居者の方に実際に見て取って試着してもらい、着心地やデザインについての

アンケートに答えて頂いた方へは、お好きなものを1着プレゼントさせて

頂くキャンペーン♪も同時に開催し、大変ご好評を頂きました。

 

s_5256065569400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方にお越し頂き、貴重なご意見と笑顔を頂き、元気を

分けてもらえました!

ありがとうございました!

またチャンスがあればお邪魔させて下さい♪

 

 

インドネシア出張に行って参りました ~フックマットはどうやって出来ているのか?~編

いつもお世話になっております。フジスター株式会社です。

いよいよ、冬らしい気温となり雪の便りも届き始めてきましたね。

皆様、風邪にはお気を付けくださいね。

さて今回の記事は先日インドネシアのバンドンという場所へ出張に行った際、

提携工場から許可を頂いた工場等の内部写真を

部分的にですが撮らせて頂きましたので簡単な

解説と共にブログに上げてみたいと思います。

フックマットがどうやって出来ているかが少しでも

イメージして頂けると幸いです。

 

訪問先インドネシア(バンドン)はどこにある?

バンドン(インドネシア語: Kota Bandung)は、インドネシアのジャワ島西部にある都市(市)である。

西ジャワ州の州都であり、また、インドネシアでジャワ人に次いで人口の多い

種族であるスンダ人が生活し、スンダ語が話される「スンダ地方」の中心地である。

植民地時代に政治・経済・文化の中心地の1つとして発展し、

また快適に過ごせる住環境でもあったことから

「ジャワのパリ(Paris Van Java)」と呼ばれ、多くの外国人(オランダ人・中国人・日本人など)が居住していた。

locator_of_bandung

 

 

 

 

 

※Wikipediaより引用

 

産業面では縫製業が昔から盛んだそう。主にアパレル系がメインではありますが

マット生産工場も点在しているそうです。

 

さて本題のフックマットについてのご説明です

フックガンという道具を使い、手作業で

基布(マットの元の布)にパイル糸を

刺繍しラテックス(糊)と裏基布で固定する手法で作るマットです。

s_5236860735368

 

 

 

 

 

 

※フックガン(先っぽにはカットするハサミのようなものもあります)

 

 

 

 

フックマット工場の流れ

※少し説明が足りない部分もございます(全てのフックマットに当てはまる訳ではありません)

 

その1:元になる図の作成

まず、柄の元になる版を基布に描きます(版画を作る用法と似ていて上から黒い塗料をこすり付けます)

※通称型付け

s_5236862025894 

 

 

 

 

※こすっている様子

 

 

 

 

 

s_5236863384895

 

 

 

 

 

※版画の元の図案

 

 

 

 

 

図案にはは穴が開いていますので白い布に黒い塗料を塗ると

基布にフックガンで作業する目印が付いていきます。(説明が下手ですみません・・・)

  s_5236861809590

 

 

 

 

 

※別の柄ですが柄が基布に写っているのが分かります

 

 

 

 

その2:フックガンで加工していきます。※動画でご覧下さい

※ご覧頂いている環境によって再生されない可能性もございます

s_5236863443214

 

 

 

 

 

 

その3:ラテックス(糊)で固定します

s_5236861766062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s_5236861643642

 

 

 

 

 

※その後乾燥させます

 

 

 

 

 

その4:裁断縫製耳加工

裏面の端を手作業で固定していきます

 

s_5236860671289

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その5:シャーリング加工

毛足をカットして揃えていきます

s_5236861925067

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その6:仕上げと検品

細かい毛並みが揃っていない部分等、ここも一つ一つ

手作業で刈り揃えていきます。   

 

s_5236860581569

 

簡単ではありますが、以上が一連の流れとなります。

いかがでしょうか。部分部分足りない説明もありますが

少しでもフックマットが出来るイメージが膨らんで頂いていたら幸いです。

 

 

 

 

盲導犬出発式に参加してきました

いつもお世話になっております。フジスター株式会社です。

先日公益財団法人日本盲導犬協会主催の

『平成28年度盲導犬新ユニット出発式』に参加して参りました。

%e7%9b%b2%e5%b0%8e%e7%8a%ac%e5%8d%94%e4%bc%9a1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

各、盲導犬ユーザーに、盲導犬と歩くことの喜びや幸せ、初めての経験で起きた出来事や

今後の夢や抱負を語って頂き、盲導犬と目の不自由な方々の現状を知ることができました。
 
全国で2015年時点では全国で約1000頭の盲導犬が活躍しているそうです。
そして、盲導犬の活動できる期間は約8年間。
40歳で視覚障害になったとして盲導犬を導入するとなった場合80歳までの
40年間で5頭の盲導犬が必要になります。
また公的助成が少なく、財源の90%以上は寄付や募金で支えられているそうです。
 
目が不自由な方たちの為に今後も私たちは寄付活動を継続していきたいと思っております。
 
 
 
%e7%9b%b2%e5%b0%8e%e7%8a%ac%e5%8d%94%e4%bc%9a2

2016-17年冬・梅春物展示会開催中です

いつもお世話になっております。フジスター株式会社です。

現在当社では冬・梅春物展示会を開催しております。期間に関しましては

今日までとご案内しておりますが、来週以降も順次ご案内が可能でございます。

お近くにお越しの際は是非お立ち寄り下さいませ。

ここで各ブランドで展示しております新作商品の画像をほんの少し掲載します☆

 

◆GuGu World

IMG_7669

IMG_7664IMG_7665  IMG_7670

◆Palln

IMG_7643IMG_7640 IMG_7641 

◆VANSOPRTS

IMG_7644IMG_7626 IMG_7627 

◆CASUAL FRIEND

IMG_7661 IMG_7662

◆Atancion

 IMG_7651IMG_7649

◆shinetie

 IMG_7660IMG_7656 IMG_7652

 

いつもと違う?~VANSPORTS編~

いつもお世話になっております。フジスター株式会社です。

今日は当社で展開している「VANSPORTS」のいつもと違う雰囲気の画像をUPしてみます!

そもそもVANSPORTSは”VAN Brand”から誕生した、スポーティな生活は生きていく中で必要不可欠!

というコンセプトから生まれたブランドでございます。

ただ今日はあえてそんなにスポーティでない雰囲気のVANSPORTSの画像をUPしてみますね!

IMG_7053

最初の画像は角度でよく分からないかもしれませんがクマのぬいぐるみに

VANの特製トレーナーを着せているの図です。※非売品です(‘ω’)

IMG_7063

2枚目もクマさんの図。今度は顔がはっきり分かりますね(#^.^#)そして一人仲間が増えました笑・・・。

IMG_7055

3枚目の画像は当社製品です。Tシャツ2枚をUPしてみました。(少し画像加工しております)

いつもと違う視点、雰囲気で物事を考えたり見たりする・・・・必要ですよね(#^.^#)

当社でも、新しい着眼点を持つ事、そして新しい何かが生まれるチャレンジを続け、お客様の「笑顔」が1つでも多く生まれる様に、

ファッションのご提案をし続けたいと思っております!

5月10日はコットンの日です!

いつもお世話になっております。フジスター株式会社です。

5月10日 今日は何の日?

そう「コットンの日」です!

調べたところによると日本紡績協会が1995年10月に制定したそうです。

制定した理由は、5と10で「コットン」の語呂合せと、綿が夏物素材として今の時期最盛期を迎えるということもあるみたいです。

そもそもコットンと聞きます綿とコットンは一緒?木綿は違う?等私自身もそうですが結構あやふやなイメージの方も少なくないかもしれません。

そこで今日はコットンについて少し調べてみましたのでブログに上げてみたいと思います。

コットンとは?

 

コットンは英語で綿(木綿)のことを指します。コットンは繊維の一つとして、

昔から人々に親しまれてきました。約5000年前以上前から人々に親しまれており

原産はインドですがアラビア商人が西方へと伝えイタリア・スペインを経由して欧州各地に広がったようです。

コットン(綿)は、木綿植物の種子につく綿毛から作られます。

fujistar1

最初はなんだか至って普通の植物ですね・・・

fujistar2

そして、花が咲きます。クリーム色のきれいな花です。

fujistar3

数日経ちますと花の色が赤に変わってしおれてしまいます。そのあとに大きな実ができて、やがて割れます。

fujistar4

すると、中から真っ白なコットンの繊維が出てくるというわけです。

fujistar5

fujistar6※コットンボール画像は拡大可能です

このコットンはコットンボールとも呼ばれています。

タンポポの綿毛が飛んでいき、落ちた場所でまた花を咲かせるのとおなじように、コットンの毛も種子の自然散布に役立つと考えられています。

またコットンの毛は乾くとねじれる性質があることから、その毛で糸を紡ぐことが考え出されたと考えられています。

※上記画像は過去にフジスター株式会社内で発足した「フジスターコットンプロジェクト」という企画で実際当社社員の手で綿から育てTシャツを作る計画の途中写真を掲載しました。

 最終的にはTシャツ制作までは届かなったみたいですが・・・(;^_^A

コットンの良い点は?

●肌触りが良い点。柔らかくしなやかな肌触りで、繊維自体の先端が丸いのでチクチク感もありません。

●天然繊維ならではの吸湿性もあるので衣服内の温度を一定に保つ事が出来ます。

●臭いを吸い取る消臭性能も多少ですが備えております。

●静電気も発生させる事がありません。

●水に濡らす事によってコットンは強度が増すそうです。なので洗濯を気軽に出来ますね。

上記の点がコットンが選ばれる大きな要因となるようです(‘ω’)

デメリットは無いか?

何もマイナス要素が無い・・・これは世の中なかなかありませんよねー(;^_^A

コットンにもマイナス点はあるみたいです。

●シワになり易い点と縮み易いという点

●綿は色に染まり易い為、汗で黄ばみやすい傾向にある点

というところです。

いかがでしょうか。記載した情報が全てでは無いかと思いますがコットンについて少しでも

知って頂けたら幸いです。

 

中国出張に行って参りました~洋服はどうやって出来ているのか???~編

いつもお世話になっております。フジスター株式会社です。

いよいよ、春らしい気温となり桜も満開。

心躍る季節がやってきました☆

さて今回の記事は先日中国出張行った際に

生地市場の様子、提携工場から許可を頂いた

工場等の内部写真を部分的にですが撮らせて頂きましたので簡単な

解説と共にブログに上げてみたいと思います。

洋服がどうやって出来ているかが少しでも

イメージして頂けると幸いです。

 

◆寧波:染物工場

まずは染物工場での写真です。

「染める」 

衣服に色を付ける事を「染める」と

いいますが、そもそも「染める」って何だろう?

と思ったので少し調べてみました。

基本的に・・・

糸→布→生地→服という順序で衣服は出来ています。

そして「染め」は大きくは「先染めと後染め」の二つに分かれます

※細かくはもっとありますが・・・

生地になってから染める「後染め(あとぞめ)」

色が乗る前の「生機(きばた)」を作っておき、
必要な色を必要な量だけ染色します。
「生機」の段階で、どのような色の出方をするが決まります。
チェック柄が出るようにするには、チェック柄が出るように設計します。
染色反応の違い(綿は染まるけどポリエステルは染まらない、など)を利用して、
柄を出すことが出来るそうです。

IMG_6639

試験管で色合いを調合します

IMG_6642

上の写真は色合いのチェックシーンの一コマ。

現在は色合いのチェックをデジタル化してチェックしているそうです。

※チェックする機械は1台なんと20万元(!!1元20円位なので約400万円!)・・・車1台買えますね(^_^;)

最近までは光の下で、目視にてチェックしていたのが通常のやり方だそう・・・。

デジタル化の波ですね~。

IMG_6643      

生機(キバタ)の状態です

IMG_6646

大きな釜で染色します

 

IMG_6651

出荷待ちの製品です(暗くて分かりにくいですよね。。。)(^_^;)

糸の段階で染める「先染め(さきぞめ)」

生機を織る前の糸の段階で染める事を言います。

 

IMG_6656

染まる前の糸です(大量!!)

 IMG_6658

染めに使う釜です。釜の中に適宜、白い糸を入れます

IMG_6659

釜の内部画像です

 IMG_6657

 先染め糸の完成です

先染めは主にチェック(格子)やストライプ(経縞)に多く用いられます。

自由に多色で作る事が可能でギンガムや有名なバーバリー・チェック等はこの方法で作られています。

 

◆紹興:紹興市場(生地市場)

IMG_6602 IMG_6603IMG_6604

紹興市場とは?

備考紹興市場はアジア地域において最大級の生地市場。

専門街ごとに大よそ19の市場に分かれており、

販売ブースは1万店以上。 一日に平均国内外から10万人のアパレル系バイヤーが訪れています。

※ブースは1店舗が色々なところでブース(多店舗)を開いている事が多いそうです。

バイヤーは欲しい生地サンプルを探し、お目当ての生地があれば陳列されているサンプルを

元に発注をかけていく仕組みです。

※私も生地サンプルを頂いてみました。カモ柄の中に花柄が・・・。綺麗ですね~(^.^)

IMG_6673

 

◆寧波:検品工場

IMG_6620

続いては検品工場内での1枚です。

こちらの工場では130名体制で6ライン、日に25,000枚チェックしているそうです。

大体7~8名でチームを組み各チェック項目をチェックし最終チェッカーが全体チェック。

その後は包装をして最後は

IMG_6675

検針器という機械に通し、異常が無いかチェックしていきます。

※上記機械は2ヘッドタイプ。センサーが2か所にありダブルチェックする形となっております。

工場内はとても静かで、皆さん黙々とチェックしていらっしゃいました。

 

◆寧波:縫製工場

IMG_6584

最後に縫製工場内の1枚。こちらでも皆さん黙々と業務をこなしています。

IMG_6666 

生地の山です

IMG_6667   

ジャガードボーダー用生地を一枚一枚手作業で切っています。

工員のお二人の息がピッタリ!

この後、洋服の型に沿って切り取っていきます。

IMG_6587

 

その後ミシンを使い

IMG_6624

パーツ毎にミシンを使って縫っていきます。

そして製品として形になっていきます。

 

いかがでしょうか。部分部分足りない説明もありますが

少しでも洋服が出来るイメージが膨らんだら幸いです。

~DIY挑戦~ フジスター株式会社、移転に伴いオフィス家具組立のDIYに挑戦しました!

いよいよ、今週19日土曜日。フジスター株式会社は現在の小伝馬町から大伝馬町の本社ビルに移転致します。

今日は移転準備の、オフィスの移り変わりを画像を掲載しながら少しご紹介させて頂きます。

 

NO1:まだ棚しかありません。どう変化していくか楽しみ。と同時に、これからどんどん備品が届きます。

office relocation

 

NO2:発注していた新しい机が届きました。徐々に梱包を解き組立の準備等を進めます。

office relocation

 

NO3:各部署の机がほぼほぼ完成しました。完成まであと少し!!

office relocation

 

NO4:ついに完成しました!!ここまでの所要時間はおおよそ12時間!

office-relocation

ちなみに組立は業者に頼まず、有志社員3名と社長(!)の4人。計2日間で組立、ダンボール等の不用品撤去

を終わらせました。※40セット(机と椅子)と引出棚等

詳細なコストは明記できませんが〇十万削減に成功!!!今流行のDIYで組立が出来る事が判明しました!

ちなみに必要な工具は・・・

・プラスドライバー数本

・インパクト(電動ドライバープラスと六角があると便利です)

・軍手(滑り止め付が尚良し)

今回の作業は上記3点があれば完成できました。

 

移転や新オフィス家具購入をご検討の方、是非チャレンジしてみてはどうでしょうか???

※くれぐれも作業する際は怪我をしないよう万全の準備と細心の注意をお願い致します。

フジスター株式会社の日々の出来事や展示会のお知らせを投稿致します

いつもお世話になっております。フジスター株式会社です。

こちらの投稿欄ではフジスター発信の「日々のちょっとした出来事」や展示会お知らせ等、

お客様に出来る限り有益となる情報を発信出来ればと思っております。

宜しくお願い致します。

さて、記念すべき初投稿のテーマは・・・

「商標」

でございます。
フジスター株式会社は昭和7年創業でございます。

当初の屋号は「藤井商店」。

その後幾度なく社名変更を経て現在の「フジスター株式会社」へ変更となりましたのが昭和55年。

そして「フジスター」という社名の商標が申請されましたのが1971年(昭和46年)だそうです。

今回、その時に申請された「フジスター」の商標申請画像が出てきました。なかなか

シュールでございましたので、急きょ公開させて頂きます☆

その画像がこちら!

商標

なんと手書きです!

いかがですか?なかなかシュールでインパクト大かと思います。

※誰が書いたかは不明です・・・。

フジスター株式会社は名前の通りアパレル業界の星になれる様に、引き続きより多くのお客様の「笑顔」の為にライフスタイルをご提案して参りたいと思います。